ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > くらしの情報 > 防災 > 防災マップ・避難所 > 大船渡市津波ハザードマップ

本文

大船渡市津波ハザードマップ


大船渡市津波ハザードマップ

 市では、津波による被害を防止するため、東日本大震災と過去の津波による浸水範囲や指定避難場所など避難に役立てていただく情報を掲載した「大船渡市津波ハザードマップ」を平成25年度に作成しました。
 作成したマップは両面刷りで、全部で6種類あります。

  • 表面(6種類共通全体版):津波避難に関する啓発文、市内全域の浸水範囲と第一避難場場所などを掲載したもの。
  • 裏面(町別拡大版):東日本大震災津波で浸水した地域を次の区分ごとに拡大し、第一避難場所、第二避難場所などを掲載したもの。

 盛町・大船渡町/末崎町/赤崎町/三陸町綾里/三陸町越喜来/三陸町吉浜
 このハザードマップには、東日本大震災の津波で浸水した範囲や、明治三陸地震津波、昭和三陸地震津波、チリ地震津波における最大浸水範囲、津波から一時的に避難する場所である第一避難場所、避難生活を送る場所である第二避難場所、これらの避難場所の標高(東京湾平均海面を基準とした高さ)などを掲載しています。
 なお、今後、岩手県から津波防災地域づくりに関する法律に基づく津波浸水想定が設定された場合には、あらためてハザードマップなどにより市民の皆さんにお知らせする予定です。

いざという時に備えて

 津波から命を守るためには、強い揺れや長いゆっくりとした揺れを感じたとき、あるいは津波注意報・警報を見聞きしたときは、より早く高台に避難することが大切です。また、自分の命は自分で守るという心構えで、いざという時に慌てず、迅速かつ適切に避難できるよう、マップを活用し、日頃から家庭や地域で、避難方法や避難場所などを確認しておきましょう。

配布場所

 市内の事業所等で配布をご希望の場合は、市役所本庁舎2階防災管理室、三陸支所、綾里地域振興出張所、吉浜地域振興出張所で配布していますのでご活用ください。また、下記のリンクからもPDF形式でマップをダウンロードすることができます。

※この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の災害復興計画基図を使用した。(承認番号平25情使、第356号)

※この地図を複製または使用して新たな地図を作成する場合には国土地理院の長の承認を得なければならない。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)