ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市長あいさつ

市長あいさつ

市長写真(平成30年12月3日更新)
~活気があり、やすらぎがあり、生涯暮らし続けられるまちづくりを~
 平成23年3月11日、三陸沿岸地域を襲った東日本大震災。その計り知れない自然の猛威により、本市も未曾有の被害を受けました。
 震災直後より、世界各国、全国各地から温かいご支援をいただき、そして市民の皆様からの力強いご協力を糧に、懸命に復旧・復興に取り組んでまいりました。ここにあらためて衷心より深く感謝申し上げます。
 おかげをもちまして本市の復興計画事業は、市民の皆様のご理解並びに関係各位の心強いお力添えのもと、着実な歩みを進め、ほぼ完了の目途が立つところまで進捗しました。
 今後につきましても、心の復興やコミュニティの形成などの被災者に寄り添う支援をはじめ、中心市街地の新たなまちづくりや被災跡地の利活用といった復興の過程で生まれた課題の解決に向け、全力を傾注してまいります。
 このように大震災からの復興に引き続き取り組むことはもとより、私たちに課せられている課題は、少子高齢化・人口減少に対応し、将来を見据えた地方創生のまちづくりであります。
 人口減少の進展による経済・社会活動への影響が懸念される中、当市では、地方へのひとの流れをつかみ、市内の各地区、地域において、まちづくりへの多様な主体の参画を得ながら、地域力の向上に努めてまいります。さらに、様々な分野で生産性の向上を図り、市民所得の維持・向上につなげ、市民の皆様とともに掲げた本市の将来都市像「ともに創るやすらぎに包まれ活気あふれる三陸のにぎわい拠点大船渡」の実現に向け、積極果敢に取り組む決意であります。
 震災で犠牲となられた皆様の郷土への思いをしっかり受け止め、市民の皆様が夢と希望を抱きながら、健康で心豊かな生活を営むことができますよう、これまでに培いました絆と礎を糧に、多くの方々の参画のもと市政運営にあたってまいりますので、変わらぬご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

大船渡市長 戸田 公明
Kimiaki Toda


市長あいさつ
市長プロフィール
市政懇談会
施政方針
市長コラム
週間予定表
記者会見
市政に関するご意見・ご提言