ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の概要 > 広域連携 > 定住自立圏形成に向けた取組

本文

定住自立圏形成に向けた取組


定住自立圏構想とは

 定住自立圏構想は、一定の要件を満たした市「中心市」と「近隣市町村」が、連携・協力することにより、圏域全体として必要な生活機能等を確保し、地方圏における定住の受け皿として「定住自立圏」を形成する広域連携の取組です。

中心市宣言

 中心市において、連携する市町村と地域全体における人口定住のために、圏域として必要な生活機能の確保に関して中心的な役割を担う意思を有することを明らかにするために実施するものです。

 当市は、令和元年8月29日(木曜日)に中心市宣言を行いました。

定住自立圏形成協定の締結

 当市と住田町は、定住自立圏形成協定の締結に関する議案をそれぞれの市町議会に上程し、原案どおり可決されたことから、令和元年10月2日(水曜日)、戸田大船渡市長、神田住田町長をはじめ、熊谷大船渡市議会議長、瀧本住田町議会議長にも出席いただき、大船渡市役所において、定住自立圏形成協定締結式を開催しました。

 式では、戸田市長と神田町長が協定書に調印し、協定を締結しました。

定住自立圏形成協定を締結

今後の取組について

 当市において、圏域の将来像や定住自立圏形成協定に基づく具体的な取組を盛り込んだ「定住自立圏共生ビジョン」を策定することとしています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)