ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 市の取組み > 都市整備 > 復興に向けて > 大船渡駅周辺地区のまちづくり
現在地 トップページ > 分類で探す > 市政情報 > 東日本大震災 > 復興関連情報 > 復興に向けて > 大船渡駅周辺地区のまちづくり

本文

大船渡駅周辺地区のまちづくり

 大船渡駅周辺地区の復興まちづくりにあたっては、津波からの防災性の向上と賑わいある商業・業務機能の集積を図るとともに、東日本大震災津波以前の課題も含めて解決しつつ、将来にわたり継続して魅力あるまちづくりを進めていくため、まちづくりの関係者が連携して、エリアマネジメントに取組んでいます。

areamap20201223

主な施設の概要

(1)エリアマネジメントとは

 地域における良好な環境や地域の価値を維持・向上させるための、住民・事業主・地権者等による主体的な取組です(※)。

 ※出典:国土交通省土地・水資源局土地政策課「エリアマネジメント推進マニュアル」(2008)

(2)取組方針

 ライフスタイルの多様化や地域特性を活かしたまちづくりへのニーズを柔軟に受け容れながら、「都市空間」を「地域にとって意味のある場所」に変えていきます。

 また、場所での活動を構想し、それらを展開する人材を探し・創り、併せて、制度や前例の壁を越えた「新しい取組を支える独自の仕組み」を構築していきます。

(3)主なエリアマネジメントの取組

 ア.大船渡駅周辺地区

 市においては、「心地よい暮らしの景観とは何か」について、暮らす人々とともに考えながら景観を形成していく取組(景観事前協議制度)のほか、地区内の未利用地の利活用を図る取組を実施しています。

 また、都市再生推進法人((株)キャッセン大船渡)においては、公園の利活用を通じた賑わい創出とエリアのPRに取り組んでいます。

 イ.キャッセン大船渡エリア

 都市再生推進法人((株)キャッセン大船渡)を推進母体として、エリアの魅力向上や商業活性化等に資する取組を関係者とともに積極的に推進していきます。

- キャッセン大船渡エリアのエリアマネジメントの体制 -

areamanagementsystem20201223

 

主な施設の概要

(1)キャッセン大船渡エリア

(2)おおふなぽーと(大船渡市津波防災観光交流センター)

(3)夢海公園

主な取組

令和2年度

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)